SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

インターネット的エンタテイメント屋の日々

あんな日も、こんな日も…
【18禁】ギラ。ノーグダでセク。
0
    「ギラ。ノーグダでセク。」
    何言ってるか分かります?

    最近、ひょんなことからナンパ師のブログを読む機会があって、軽いカルチャーショックを受けている。
    たとえば、こちらはナンパ師ブログのリンク集。
    (人によっては不愉快に感じるかもしれないので、ご注意を)

    こんなにナンパ師がいて、ブログで「成果」を公開していることは、まぁ想像できるのだが、問題はその内容。
    人によっては1ヶ月に10人も20人も「成功」した成果が誇らしげに記されている。
    写真を公表している人も多いから、決してでっち上げとは思えない。
    すごいなぁ。

    彼らのブログにはナンパ師特有の専門(?)用語が使われていて、最初はなんのことか分からなかったのだけれど、親切にそうしたワードを解説してくれているページもあったりして(例えばこことかここ)、だいたい理解できるようになってきた。
    冒頭の「ギラ。ノーグダでセク。」とは「女のコにエッチを迫ったら、拒否されることなく事をいたした」という意味。
    リアルですなぁ。

    マンガ喫茶やカラオケボックスがそういう用途に利用されているのも知らなかったし、ブログを通じてナンパ師同士がつながってチームを組むことがあるのも面白い。
    そして、なにより女のコたちがこんなに軽やかにナンパされていることに一番驚いた。
    もちろん、彼らが全体のごく一部だということは分かっているつもりだけれど。

    生まれてこの方、ほとんどナンパをしたことがない僕だが、正直に告白すれば、男として彼らナンパ師に軽い嫉妬を覚える。
    もし僕が今高校生で、こんなの読んじゃったら人生変わっちゃうかもしれないなぁ。
    残念ながら、そうなるには年を取りすぎたけど(笑)。
    | 雑記 | 04:51 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    鍼灸と漢方
    0
      まあ、一種の職業病だと思うのだが、肩こり、腰痛とのつき合いは長い。
      いつかマッサージチェアを買おうと思いながら大枚をはたく勇気はなく、痛みがひどくなると近所のマッサージに行ったりしてごまかしてきたのだけれど、縁あって本格的な鍼灸と漢方の治療を受けてみることにした。

      行ったのは北里研究所の東洋医学総合研究所

      まずは鍼灸科へ。
      以前に鍼灸治療を受けた経験はあるので、恐怖は特に感じない。
      これまでに受けたどの鍼灸より近代的で「ちゃんとした感じ」の治療だ。
      一通りやってもらった後、10カ所ほど置き鍼をしてもらって終了。
      その場で痛みが消えてすっきり、とはいかないけれど、まあなんとなく効果があるような気はする。

      続いて漢方診療科へ。
      血圧を測り、簡単な問診と触診。
      「大柴胡湯去大黄(ダイサイコトウキョダイオウ)」という煎じ薬を3週間分処方される。
      帰宅してさっそく飲んでみると、これが苦い!
      慣れれば苦みを感じなくなるのかな?
      毎回40分も煎じるのはめんどくさいが、これで体質が改善するなら、それだけの価値はある。

      保険外治療だということと初診料がそこそこするということで結構なお値段だが、次回から初診料がなくなれば、まあ納得できるかな。
      これでマッサージに通わなくて済むようになればいいんだけど。
      | 雑記 | 05:14 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
      ワタクシゴトですが…
      0
        結婚しました。
        なはは。
        | 雑記 | 04:00 | comments(16) | trackbacks(0) | - | - |
        岡田准一 vs 堀井雄二【ドラクエ】トーク!
        0
          ラジオをつければプレゼント企画が目白押しの今日この頃、2ヶ月に1度のお約束、聴取率調査ウィークがやってきた。

          というわけで、我らが「Growing Reed」(日曜日24:00)はテレビやラジオにめったに出ない、【ドラクエ】生みの親にしてゲーム界の大御所、堀井雄二さんがゲストに登場!
          【ドラクエ】は1から8まですべてプレイしたと語る岡田准一くんと、【ドラクエ】制作の舞台裏から待望の新作まで60分の熱いトークをくり広げる、という企画で勝負する。

          かくいう僕もスタッフから「鈴木さん、堀井さんを見る目が少年になってましたよ」と指摘されるほどの【ドラクエ】ファン。
          仕事にかこつけて、尊敬するエンタテイメント屋である堀井さんに聞きたいことを片っ端からぶつけたのだった。
          いやぁ、今年一番嬉しい仕事だったかも。

          あ、オンエアは27日の深夜0時です。
          よろしかったらお聴き下さい。
          | 雑記 | 01:00 | comments(1) | trackbacks(2) | - | - |
          ラジオに出まっす(^_=)
          0
            久々のラジオ出演。
            今週末の12日(土)17:00〜17:55の「SATURDAY WAITING BAR AVANTI」(TFM系)に出演します。

            テーマは「若いうちに行くところ」。
            「世界一周で見てきたいろんな国の面白い話をしてよ」という旧知のプロデューサーBさん直々のご指名だけに、ここは頑張らざるを得ない。
            当時の旅日記を読み返して記憶を呼び起こしながら、5年経っても腐っていないであろうネタを用意して収録に臨む。

            いつもは来てもらったゲストに番組の狙いを説明し、趣旨に沿った話をしてもらうよう調整するのが僕らの仕事。
            もちろん、ブッキングの時点でこちらの意図は説明して出演してもらっているはずだが、たまにそれが間違って伝わっていたりして現場は大混乱、なんてこともある。
            それだけに逆の立場になったときは、番組の狙いを確認しながらできるだけスタッフの期待に添えるよう頑張ってしまう(笑)。
            今回も「中東・アフリカ・東南アジアあたりの話を」というリクエストに応えて、万一の時のアンチョコ用にプリントアウトした自分の旅日記を持参してスタジオへ。

            バーの客の話を盗み聞きするという体裁のこの番組、僕の相手をしてくれる聞き手は鬼頭あゆみさん。
            実は、鬼頭さんとは先日別の仕事で偶然ご一緒させていただいていたこともあり、あまり緊張せずに済んだ。
            彼女の当を得た質問で持ちネタをうまく引き出してもらったおかげでアンチョコに頼ることもなく、声をかけてくれたプロデューサーの顔をつぶさない程度の内容にはなったんじゃないだろうか。

            てなわけで、内容多牌でカットにならなければ12日(土)にオンエアされますんで、よろしければお聴き下さいませ。
            | 雑記 | 03:11 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            初FOMA
            0
              慣れ親しんだSO505iを手放し、ついに新しい携帯電話に機種変更してしまった。
              ドコモのN702iD
              ホントはおサイ フケータイなんかも試したかったのだけれど、機能よりデザインを重視したセレクトだ。
              iチャネルで最新ニュースが流れたりするサブウィンドウはなかなかいい感じ。
              ジョグダイヤルがなくなってメールを打つスピードがメチャクチャ遅くなってしまったが、これは慣れでなんとかなるのかなぁ。
              | 雑記 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              バンコク
              0
                無理やり休みを取ってタイのバンコクに行ってきた。
                気温は連日35度以上。
                毎日タイ古式マッサージを受け、街を歩き、ショッピングもそこそこ楽しんだ。
                そして、かつてJ-wave「Boom Town」でご一緒させていただいて、現在バンコク在住の海老原由佳さんと久しぶりの再会。
                おいしいタイレストランを教えてもらって毎日のように食べ歩いた。

                両親を連れて行ったり、このところ毎年のように訪れているバンコクだが、超高層ビルがニョキニョキ建つなど、好況が続いているのが肌で感じられる。
                値段交渉が必須だったウィークエンドマーケットには値札をつけた店が激増し、トゥクトゥク(3輪タクシー)が激減。
                市街地にオープンした巨大ショッピングセンターの物価は日本とあまり変わらず、お買い得感が薄れていた。
                観光客のわがままだと分かってはいるが、なんだか寂しいなぁ。

                それでもタイがお気に入りの国であることに変わりはない。
                パスポートにタイの出入国スタンプばかり増えると、なんだか誤解されちゃいそうだけど(笑)。
                | 雑記 | 02:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                「ライブドアショック」で誰が得したのか
                0
                  昨日から今日にかけての新聞、テレビは「ライブドアに強制捜査」のニュースをトップ項目として大々的に伝えている。
                  普通、地検が強制捜査に入るときは、世論の後押し(=報道の大きさ)を得るのに最も効果の高い日を選ぶものだが、昨日はどうもそういう日ではなかった。

                  「ヒューザー小嶋社長、国会で証人喚問」
                  「阪神淡路大震災から11年」
                  「宮崎勤被告に最高裁も死刑判決」

                  どれもライブドア関連のニュースがなければトップで伝えられるべき大きなニュースだ。
                  しかも、この日にニュースとなるのが前もって分かっているものばかり。
                  僕がもし東京地検特捜部の責任者だったら、絶対こんな日に強制捜査なんて行わない。

                  一体なぜこのタイミングだったのか。
                  ライブドアショックでニュースの扱いが相対的に小さくなって得したのは誰なのか。
                  ひねくれ者の僕はそんなことばかり考えている。
                  | 雑記 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  元日の朝刊各紙一面チェック
                  0
                    元日の朝刊の一面トップは各新聞社が新年を象徴するであろう独自記事を載せることが多く、毎年できるだけチェックするようにしている。
                    2006年の場合は…

                    読売「幼稚園から義務教育 政府与党09年度導入目指す」
                    朝日「耐震偽装を保険で点検 分譲建築主に加入義務」
                    日経「反転 強い時代が始まった ソフトバンク大学創設へ」
                    産経「NHK受信料下げ検討 18年度にも」

                    各社の個性が表れていて面白い。
                    新聞を複数読む醍醐味がここにある。
                    それにしても、毎日新聞が近所のコンビニで売られていないことに驚いたけど。

                    個人的には最近、金融や経済に興味がある。
                    難しいことは分からないが、経済って人間の欲望の総和であるような気がするのだ。
                    極端に言うと、株価と視聴率の動きに共通した何かがあるような…。

                    そんなわけで、今年も毎朝真っ先に日経新聞を読む日々が続くんだろうな。
                    | 雑記 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    あけちゃいました(^^)
                    0
                      あら、大晦日の明け方まで原稿書きでドタバタしてたら、いつの間にか明けちゃいましたな、新年。
                      おめでとうございます。

                      2005年を振り返ると、けっこうマイペースでやらせてもらっていたように思う。
                      僕が関わった新番組は「Growing Reed」「週刊シネマスクランブルTV」の2本。
                      新番組の立ち上げはいつもながら試行錯誤の連続だが楽しい作業だ。
                      どちらもいいチームに恵まれて順調に軌道に乗りつつあるのが嬉しい。

                      去年の年頭には「大局を見て動く」という目標を掲げたのだが、達成感は50%くらいだろうか。
                      まだまだ目の前のなんやかんやに振り回されているなぁと反省点は多い。

                      で、2006年。
                      僕は間もなく39才になる。
                      不惑の大台は目前だ。

                      実は、今、40代の10年間で実現すべき目標を策定中。
                      現状が悪いとは決して思わないけれど、40代でもうひと花咲かせてみようじゃないかという魂胆だ。
                      いくつか思い描いているビジョンは現段階では単なる思いつきレベルの夢物語だが、一歩踏み出さなければできるものも始まらない。
                      1年かけて可能性を探ってみるつもりだ。

                      ともあれ、今年もいろいろ頑張りますんで、よろしくお願いします。
                      | 雑記 | 02:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |