SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

インターネット的エンタテイメント屋の日々

あんな日も、こんな日も…
<< 「陰日向に咲く」 | main | ブログ復活! >>
「間宮兄弟」
0
    「映画の天才」試写で「間宮兄弟」を観た。

    30才を過ぎても恋人もなく、同居して楽しく2人で暮らす兄弟の日常を描いた作品。
    殺人事件が起こるわけでもなく、宇宙人が攻めてくるわけでもなく、ドラマティックな大恋愛が展開されるわけでもない。
    ただ平凡な日常に毛が生えたようなイベントが起こり、それでも兄弟の日々が大きく変わるわけではなく、平和で小さな幸せを感じながら生きている…という物語。

    退屈といえば退屈。
    映画にカタルシスを求めるのなら全くの期待はずれになること請け合いだ。
    僕にも弟がいるのだが、いい歳をして兄弟でこんなに仲良く同居しているという設定自体が信じられず、その時点で感情移入できずに一歩引いて観ている自分がいた。

    では観る価値がないのかといえば、そうじゃないのが映画の面白いところ。
    5年後、10年後、脳の粘膜にまとわりつくように世界観や空気感が残っているのは、ドキドキハラハラ興奮するハリウッド映画よりもきっとこの手の映画なのだ。
    そしてその記憶はひょんなことから思考の表層に浮かび上がり、物の考え方や生き方に影響を及ぼす。
    上手く言えないが、脳みその奥の方にインスパイアのタイマーをセットされたような。

    毎度のことだが、自分では積極的に観ないであろう作品との出会いを提供してくれる、この企画に感謝。
    | 映画 | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzukinet.com/trackback/70838