SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

インターネット的エンタテイメント屋の日々

あんな日も、こんな日も…
<< 「あるある大事典」よ、お前もか。 | main | テレビの将来 >>
『それでもボクはやってない』
0
    公開初日にレイトショーで『それでもボクはやってない』を観てきた。

    『Shall we ダンス? 』の周防正行監督による11年ぶりの新作。
    痴漢冤罪事件の裁判ものとはいえ、周防監督のことだからエンタテイメントとしてたっぷり楽しませてくれるのだろうと期待して行ったら、その期待はいい意味で裏切られた。

    代用監獄を始めとする日本の刑事裁判制度の問題点を正面から批判する社会派映画。
    心が動かされるという意味ではエンタテイメントと言えるかもしれないが、決して娯楽映画ではない。
    見終わったときに『硫黄島からの手紙』のときと同じような気持ちになった。
    喜怒哀楽でいえば「怒」と「哀」が入り交じったような感情だ。
    正直言って僕自身が知識として知らなかった新しい事実は少なかったが、映像化された「制度」はインパクトが強く、改めて警察や検察、裁判所という組織に対する不信感が沸き上がってくる。

    画変わりの少ない法廷シーンが中心ながら、最後まで興味を途切らせずに引っ張っていく構成は見事。
    いつの間にか被告に感情移入し、心証は完全にシロのまま結審を迎える。
    間もなく始まる裁判員制度の裁判員を擬似的に体験した気分だ。

    『十人の真犯人を逃すとも一人の無辜(むこ)を罰するなかれ』

    いつ自分が被告人席に立たされるか分からない、という想像力はいつでも持っていたいと思う。
    | 映画 | 05:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzukinet.com/trackback/344611