SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

インターネット的エンタテイメント屋の日々

あんな日も、こんな日も…
<< 行くぜ!2007年! | main | 『それでもボクはやってない』 >>
「あるある大事典」よ、お前もか。
0
    大反響を及ぼした「あるある大事典」の納豆ダイエットがウソだったという。
    同じ業界にいる者としては「ああ、やっちゃったか」という気持ちだ。
    あちこちで非難されているのでそれは繰り返さないが、なぜこういう事件が起きてしまったのかその原因を僕なりに推測してみる。

    おそらく「納豆に含まれている成分にダイエット効果がある」という学説を発見したスタッフの提案にゴーサインが出て取材がスタートしたのだろう。
    この手の健康番組は特にそうだが、他の番組でもインパクトがある企画は通りやすい。
    僕らが日常的に食べている納豆でダイエットできるというキャッチはインパクトがあり、視聴率が見込まれるからだ。

    実際にそういう学説があったのかどうかは分からないが、あったとしても、それを裏付ける学者のコメントが見込み通りに撮れなかったのだろう。
    本来なら粘り強く交渉するなり、同じ主旨のコメントをしてくれる代わりの識者を探して裏付けとするか、または企画自体を断念すべきところなのにそれをせず、コメントをねつ造してしまった。
    ディレクターの力量不足(あるいは手抜き)はもちろんだが、企画が通った時点で放送予定日が決まっていて、スケジュールを理由に一度通った企画をボツにできないというテレビ的な事情が最大の原因だと推測する。
    オンエアに穴を空けるのを恐れるがゆえに、でたらめをでっち上げてしまったのだ。

    データのねつ造も同じだ。
    実験の結果見込み通りの結果が出なければ、企画自体が間違っていたという判断をすればいいと外部からは見えるだろうが、そこまでにかけた時間と金をムダにする余裕はテレビにはない。
    そんなことをしたディレクターは無能の烙印を押され、仕事がなくなってしまう。
    悪いと分かっていながら、当初の企画意図に沿ったデータを創作してしまったのだろう。

    今回の図式も、過去に起きたやらせ問題と全く同じだ。
    魅力的な企画があって、その見込み通りの証言やデータが取材で得られないのに、オンエアの時間だけは迫ってくる。
    この番組に限らず、そんな事態はどこの番組でもあり得るのだ。

    同じような状況になったときに、企画自体を修正してウソのない番組に仕立て上げる優秀なディレクターももちろんいる。
    今回の事件を受けて、しばらくの間テレビの現場では慎重な番組作りが徹底されるだろう。
    しかし、最大限の視聴者の心をつかむ刺激的なネタが求められ、限られた時間と予算の中でそれを修正する余裕がないというテレビのシステムが変わらない限り、同様の事件は必ず起きる。

    政治家が有権者の資質の写し鏡であるように、テレビ番組は視聴者が求めるものの集合体だ。
    最も簡単に状況を変える方法は、「納豆で痩せる」などという刺激的なキャッチほど鵜呑みにせず、いかがわしい番組だと思ったらテレビを消すことだ。
    視聴率の取れない番組は簡単になくなるのだから。
    | エンタテイメント | 18:17 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    遅ればせながら。。。

    >政治家が有権者の資質の写し鏡であるように、テレビ番組は視聴者が求め>るものの集合体だ。
    >最も簡単に状況を変える方法は、「納豆で痩せる」などという刺激的な
    >キャッチほど鵜呑みにせず、いかがわしい番組だと思ったらテレビを消す>ことだ。
    >視聴率の取れない番組は簡単になくなるのだから。

    要は、盲目的に信じる視聴者が悪い、こっち(作る側)の事情も考慮しくれ、ってことでしょう。テレビ番組を作る側がこれを言っちゃおしまいだよ、と私は思ってしまいました。

    アホな有権者が金や飲み食いを期待するから違法な金を使って選挙違反するんだ、と政治家や選挙の候補者が開き直ったら、それをすんなり受け入れますか? 

    正直に言って、鈴木さんの言わんとすることろは一理ある、と私も思います。でも、それを言う前にどうにかすべき(少なくとも努力をすべき)なのが、プロのプロたる所以ではないのでしょうか。
    | Shun | 2007/02/13 5:36 PM |

    > 盲目的に信じる視聴者が悪い、こっち(作る側)の事情も考慮しくれ、ってことでしょう。

    う〜ん、そういうつもりじゃないんですよねぇ…。
    開き直りではなく、期待というか、お願いというか…。

    例えば、ウソをついて高視聴率を取る番組と真面目にきちんと作っているのに視聴率が低い番組があったら、後者の番組は打ち切られ、そのスタッフは路頭に迷うことになっちゃうわけですよ。
    選挙違反で当選する政治家がいれば、真面目に政策を訴えている対立候補が落選してしまうように。

    決して100%とは言いませんが、多くのテレビ屋はウソをつかず、データもねつ造しないで番組を作っているわけです。
    もし視聴者がいかがわしい番組を懐疑的に見るリテラシーを持ち、その手の番組のスイッチを切ってくれれば、結果として良心的なテレビ屋は救われるし、良質な番組が生き残るのも間違いありません。
    そういう意味で「テレビ番組は視聴者が求めるものの集合体」なんです。

    まあ、そんなことを書いている僕自身も一視聴者としてはキャッチーな番組が好きだし、刺激が強い番組に引きつけられたりしまますから、あまり偉そうなことは言えないんですが…。
    | 鈴木 裕史 | 2007/02/15 6:29 AM |

    前にも書いたように、鈴木さんの言ったことには一理あると思いますし、今回のお答えにも納得します。

    まったくの私見ですが、視聴者には、刺激的かつ拡張が含まれていると思われる番組をわかっていて楽しむ「すれっからし」もいれば、テレビだから本当だろうという「ナイーブ」な人もいます。原則論から言えば、後者を念頭に番組を作るべきでしょう。

    そうではなく、ある意味、テレビにおける表現の幅を広げたいのなら、テレビ番組にはもっともらしい嘘が含まれることがありますよ、とテレビ屋さんがぶっちゃけて言うのが一番ではないのかなあ。

    実際の番組をそ上に載せ、メディアリテラシーを向上させる、かつ、笑える番組やウエッブサイトなどを作ったらどうでしょうか。でも、そんなことをしたら、業界から干させちゃいますかね。

    私としては、中学校ぐらいから、テレビだけでなくネットなども対象にメディアリテラシーを考えさせるクラスを必修すべきだと思います。「情報」とかいって、MSWordの使い方を教えるよりも、そっちの方がずっと実際的で必要度が高いと思います。でも、そういう批判性を養うクラスは文部省が政治家が嫌うかもなあ。
    | Shun | 2007/02/19 5:51 AM |










    http://blog.suzukinet.com/trackback/343595