SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

インターネット的エンタテイメント屋の日々

あんな日も、こんな日も…
<< グラビア界の黒船、リア・ディゾン来襲! | main | ワタクシゴトですが… >>
「グエムル -漢江の怪物-」
0
    「映画の天才」試写で「グエムル -漢江の怪物-」を観てきた。

    ソウル市内を流れる平和の象徴・漢江に突然、正体不明の怪物が現れる。
    娘をさらわれた家族は、怪物を倒すことが出来るのか?

    そんなボディーコピーと予告編を見て、単なる怪獣映画かホラーサスペンス映画だと思っている人もいるに違いないが、それは大いなる誤解。
    「殺人の追憶」で韓国社会の暗部を浮き彫りにしたポン・ジュノ監督が、「怪物」というメタファーで再び現代韓国の闇を描いた硬派な社会派映画だ。
    どことなく、子供の頃にテレビで見た「ウルトラセブン」を思い起こさせるような。

    例えば、ときに超法規的な存在として牙をむく在韓米軍や、ときに保身のためだけに暴走する官僚組織…。
    ちょっと振り返れば、どこかの国にもいる「怪物」じゃないか。

    もちろん、そんな難しいことを考えなくても、サスペンスを軸に家族愛と笑いが絶妙なバランスで組み合わされ、エンタテイメントしても十分成立している。
    エンタテイメント産業における韓流ブームが一時的なあだ花ではないことを感じさせる佳作だ。
    | 映画 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |









    http://blog.suzukinet.com/trackback/213605
    映画「グエムル 漢江の怪物」
    きょうの1枚  河川敷で売店を営んでいるパク一家の目の前で、さっきまで楽しそうに談笑していた人々が、次々と襲われていく。気づいたときには遅かった。家長のヒボン、長男カンドゥ、次男ナミル、長女ナムジュの4人の愛を一身に受けて明るく育った、カンドゥの
    | ☆幸せmanpuku日記☆ | 2006/09/01 9:14 PM |
    「グエムルー漢江の怪物」情熱ほとばしる怪物映画を見に行こう
    「グエムルー漢江の怪物」★★★☆オススメ ソン・ガンホ、 ピョン・ヒボン 、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 主演 ポン・ジュノ 監督、2006年、韓国 現在も韓国で公開中、 5週連続首位をひた走る、 内容成績ともまさに怪物映画だ。 日本での公開は ハコの大き
    | soramove | 2006/09/03 4:47 PM |
    「グエムル」
    先週、韓国映画の「グエムル」をみにいきました。最初、くえむる・・・ぐえむる・・?って思ってたんですがなーんってことないグエムルって「怪物」の韓国語読みだったんですね。ま、ストーリーはいたってシンプル。ソウルの自殺の名所でもある漢江(川)に怪物が現れ、
    | ☆☆現役女子大生☆ネットショップ開店奮闘記☆☆ | 2006/09/07 9:51 PM |