SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

インターネット的エンタテイメント屋の日々

あんな日も、こんな日も…
<< ラジオに出まっす(^_=) | main | 岡田准一 vs 堀井雄二【ドラクエ】トーク! >>
「マッチポイント」
0
    「映画の天才」試写でウディ・アレン監督の最新作「マッチポイント」を観てきた。

    ウディ・アレンといえば、ハリウッドと一線を画しニューヨークを舞台にした作品が多いが、今回の舞台はロンドン。
    逆玉に乗ってイギリスの上流階級入りした男の野心と欲望をめぐるドロドロの物語だ。
    リッチな生活を与えてくれる妻と欲望を満たしてくれる愛人。
    その二重生活が破綻をきたしそうになったとき、男は殺人を思いつく…。

    ハリウッド映画なら「正義」が「悪」に勝つハッピーエンドでめでたしめでたし…だが、そうはいかないのがウディ・アレン。
    予定調和を許さない意外な展開が最後の最後まで観る者を引きつける。

    キーワードは「運」。
    「努力」は「運」より大切だ。
    「愛」は「肉欲」より尊い。
    僕らが当たり前のように受け入れている「常識」が、時として簡単にひっくり返る「理想」でしかないことを思い知らされる。

    だとすると、こうした「理想」は誰が何のために必要とするのか?
    それぞれ異なる「理想」を掲げた宗教の戦争をテレビで観ながら、そんなことを考えた。
    | 映画 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |









    http://blog.suzukinet.com/trackback/196439
    マッチポイント/運と正義
      ウデイ・アレンが鮮やかに変身した。 前半はありがちな恋愛もの、後半は畳みかけるようなサスペンス。 ロンドンを舞台にしたオペラ仕立ての悲劇を、しゃれた辛口コメディに仕上げている。 多用される文学やオペラの引用は、登場人物の運命を暗示し、謎解きの楽し
    | マダム・クニコの映画解体新書 | 2006/08/16 10:35 AM |
    「マッチポイント」ゲームセットまで目が離せない
    「マッチポイント」★★★★オススメ ジョナサン・リース・マイヤーズ 、スカーレット・ヨハンソン 主演 ウッディ・アレン監督、2005年、イギリス ウッディ・アレン監督作品は 「さよならハリウッド」以来、 またクセのある映画だと嫌だなと 思いながら劇場へ。
    | soramove | 2006/09/13 8:07 AM |